泥染め 40x43cm-42 中型 シピボ族の泥族め

アマゾンの泥染めは南米ペルー・アマゾンの先住民族「シピボ族」の伝統的な染めもので、すべてフリーハンドで模様が描かれています。
主に茶色地と白地の二種類あり、それぞれ異なる工程で幾何学模様を染めつけます。
どちらもマホガニーなどの樹皮を煮出した茶の染料の「タンニン」と、奥地で採取する特別な泥に含まれる「鉄分」の化合により幾何学模様のデザインの部分だけが黒く染めるのが特徴です。
白地にデザインの場合、一見、白い布に黒の染料でデザインを描いているだけのように思われるかもしれませんが、実際には、茶色(タンニン)の染料でデザインを描いた後、泥(鉄分)を布全面に塗りつけ、茶色のデザイン部分に泥の鉄分が結合することでデザインの部分のみが黒く発色するのです。
白地のデザインを染める染料は、タンニンを含む5種類の木の樹皮を煮出して濃縮した染料を使います。濃い黒色を出すためにはデザイン部分を茶の染料で何度も塗り重ねるため、とても手間がかかります。

詳しくは「ペルー・アマゾン シピボ族の泥染め」をご覧ください
白染めの工程
https://amazon-dorozome.com/making/white.html

40cm弱のクッションカバー に仕立てることも可能です。
美しい模様だけを集めて保存していたコレクションで現品限りとなります。

¥ 4,500

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

Reviews of this shop