トートバッグ 泥染めミニ厚底 シピボ族の工芸布 天然素材の和風バッグ 草木染めパッチワーク

横幅23cm、縦20cm、底厚み8cm 内布はカオバ樹皮で染めた明るい茶色
サイドと持ち手を黒の泥染め、両面ともに美しい模様で合わせている。
フックは銀のボタン、フック紐は細い革です。
ちょっとお財布や携帯を入れてお出かけの時や、お弁当、また草木染めの素材なので、シンプルな天然素材のお着物にもお似合いです。

【アマゾンの泥染め】とは
アマゾンの泥染めは、ペルーアマゾンの先住民族による伝統工芸で、今も細々と受け継がれている希少価値の高い染め物です。
茶色と白地の二種類あり、どちらも「タンニン」を含む樹皮を煮出した染料と、森の奥地から採取する「鉄分」の強い特別な泥の化合を利用した染色方法で、フリーハンドで描かれる幾何学模様のデザインの部分だけが黒く染まることが特徴です。

茶色●樹皮から煮出す茶色の染料で布を繰り返し染めた後、鉄分の多い特別な泥でデザインを描くと模様が黒く反応し、最後に泥は洗い流します。
白地●デザインを描いた上から全面に泥を付けて模様だけが染まり、最後に泥は洗い流します。

詳しくは
HP「ペルーアマゾンの先住民族シピボ族の泥染め」をご覧ください。
https://amazon-dorozome.com/
茶染めの工程
https://amazon-dorozome.com/making/brown.html
白染めの工程
https://amazon-dorozome.com/making/white.html

●泥染め布のお手入れ(白)
お手入れとしては、白布はザブザブと洗濯しても色が出ませんが、何度も洗ううちに黒の色が多少薄くなってきます。極部的ににゴシゴシと擦ると色が落ちることもあります。洗いざらしでもシワの風合いが出て、使ううちに柔らかくなって肌触りがよくなるでしょう。

¥ 8,00020%OFF ¥ 6,400

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

Reviews of this shop