アマゾン屋ショッピングサイト

泥染めマスク12 シピボ族の工芸布 アマゾンの草木染め 

シピボ族のフリーハンドの模様が泥染めで染められた素材ですが、こちらのマスクは、ガーゼ生地ではありません。ガーゼの素材よりもしっかりしており、最初のうちは硬さや息苦しさを感じるかもしれません。
使って洗う繰り返しの先には柔らかくなるはずですが、ガーゼの素材ではないことを前もってお知らせしておきます。木綿100%です。裏地は無地のガーゼでピンク系の泥染めです。

ゴムは太い髪ゴムで長く使えますが、長さは調整してお使いください。



緊急●新作シリーズ
【泥染めマスクのこと】

立体型の布マスクはとても心地よく、医療関係でなければ使い捨てよりも洗って使えるものが良いのではないかと思うので、アマゾン屋ならではのマスクも、少し作ってみることにしました。

「アマゾンの泥染め」は、フリーハンドで濃縮した樹液の染料で描いた模様を泥の鉄分の媒染で染めた不思議な幾何学模様で知られています。
このマスクは模様のない無地バージョンですが、これも、染色工程としては同様に樹液を煮出した染料のタンニン色素で茶に染めてから、特別な泥に漬けることで泥に含まれる鉄分により媒染され発色する、天然の色で毎度同じ色を求めることは不可能で、まさに一期一会の色なのです。茶色の染料で繰り返し染めと天日干しを繰り返した後に、泥を溶いて漬け込むため、素材に泥の鉄分が染み込んで洗っても鉄分の香りが多少残っていることもあります。洗えば消えていきますが、遙か地球の反対側のアマゾン地域の土を感じられるかもしれません。
アロマオイルのミントなどをつけてもスーッとしておすすめです。柿渋でも知られるタンニン色素は防虫効果もあります。アマゾンの集落で無地の泥染め布を染めたのは、泥染めバッグ作りに無地の生地が必要だったことがきっかけで、自分が使う分だけ少量の木綿を染めて大切に使ってきました。

アマゾンの泥染めを長年扱う中で、これまでに様々な種類の木綿布を試しながら、素材の提供していましたが、薄い布や柔らかい布を何度も試し、中でも、最も良質な素材が今回使用しているもので、ストール用に残していた貴重な素材です。

【シピボ族の泥染め工程について】詳しくは
「アマゾンの泥染め」ホームページを是非ご覧ください
http://amazon-dorozome.com/making/


このような事態において、アマゾン屋のショップに辿り着いてくださったお客様のために、ひとつひとつ大事にお作りしています。
今後の改善のために、お気づきのことがありましたら是非お知らせ下さいますよう、宜しくお願いいたします。

お手入れ
色落ちはほとんどしません。
優しい手洗いが望ましいですが、洗濯機で気軽に洗えます。

¥ 1,500

SOLD OUT

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

Reviews of this shop