アマゾン屋ショッピングサイト

泥染め刺繍厚底バッグ 薄紫刺繍草木染め巾着ふた アマゾンシピボ族の刺繍

泥染めに刺繍を施してバッグに仕立てたものです。とても美しい刺繍で、巾着の部分の素材も草木染めで全体的に形も全てがうまく出来上がったものだったので長く見本として非売品になっていた大切な作品になります。お弁当が入るくらいのサイズですが、お着物にもちょうどお似合いかもしれません。

●アマゾンの泥染めと刺繍
アマゾンの泥染めの茶色は、森の恵である木の樹皮を煮出したタンニン色素の染液と、灼熱の太陽の強い陽射しで天日干しすることで生まれる特別な茶色です。
そこにフリーハンドで描く模様の線までが漆黒に染まるのは、秘密の大地に眠る「神聖な泥」の豊富な鉄分によるものです。
日本で知られている奄美大島の泥染めと同様に、泥染めには泥の鉄分と強烈な日差しが不可欠で、アマゾンの太陽は格別の色と風合いをかもしだします。
この作品は、黒い部分をそのように一枚づつ泥染めで染め、フリーハンドの刺繍を額縁の中に治めるようにして仕上げているのです。
詳しくは
HP「ペルーアマゾンの先住民族シピボ族の泥染め」をご覧ください。
https://amazon-dorozome.com/
茶染めの工程
https://amazon-dorozome.com/making/brown.html

●泥染め布のお手入れ(茶)
お手入れとしては、日当たりの良い場所に長時間放置すると陽焼けし色あせの原因になりやすいので、なるべく陽の当たららない場所でお使いください。洗濯は可能ですが、最初のうちは茶色が出ることがありますので、他のものと一緒に洗わないでください。また水に濡れた時に色が出ることがありますので身につけるなどの場合は気をつけて下さい。



【アマゾンの泥染め 茶色の泥染め工程】

アマゾンの泥染めの茶色は、森の恵である木の樹皮を煮出したタンニン色素の染液と、灼熱の太陽の強い陽射しで天日干しすることで生まれる特別な茶色です。
そこにフリーハンドで描く模様の線までが漆黒に染まるのは、秘密の大地に眠る「神聖な泥」の豊富な鉄分によるものです。
日本で知られている奄美大島の泥染めと同様に、泥染めには泥の鉄分と強烈な日差しが不可欠ですが、アマゾンの太陽は格別の色と風合いをかもしだします。

主に茶色地と白地の二種類あり、それぞれ異なる工程で幾何学模様を染めつけます。
どちらもマホガニーなどの樹皮を煮出した茶の染料の「タンニン」と、奥地で採取する特別な泥に含まれる「鉄分」の化合を利用して幾何学模様のデザインの部分だけが黒く染めるのが特徴です。

詳しくは
ホームページ「ペルーアマゾンシピボ族と泥染め」をご覧ください。
http://www.amazon-dorozome.com

¥ 15,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

ショップの評価